トイレの水漏れは原因をつかむところから

トイレの水漏れは原因をつかむところから 家庭の中には多くの水回りの設備があります。生活を豊かにしてくれる大事な設備で、使えなくなると日常に支障をきたすこともあります。特にトイレが使えない状況は、全く想像できない事態でしょう。水を使う設備のため、水漏れを起こせばそのままにしてはおけません。流れた水はどこかに流れ出す場合も出てきます。わずかに便器の中に漏れていくケースもありますが、どれも問題を起こすことに変わりがありません。早期に修理を考えなければいけない状況です。

■水漏れ修理には大事なトイレの仕組み

トイレがどのような仕組みになっているのかが、水漏れを起こしてしまう原因をつかむためにも重要です。トイレのタンクには水が溜められています。レバーを引くと、内部にあるゴムが引き上げられて、内部の水を便器の流すのが基本です。水面に浮かんでいたフロートが下がり、バルブのふたを開けることで給水を始めます。一定の水量になると、フロートが持ち上がってバルブを閉めるため、それ以上水がたまらない構造です。
丈夫に手洗いがついている場合には、バルブが開くと水が出てきます。使った水がそのままタンクに落ちていくため、そのまま貯めることができる仕組みです。ここから水漏れが起きる場合もあるため、なにも異常がないときに、タンクを開けて確認してみるのも大切な予防となります。

■手洗い管から水が流れ続けるケース
上部に取り付けられている手洗い管から水が止まらないことも出てきます。いくら締めようとしても止まらないと焦ってしまいますが、必ず原因があるのを忘れてはいけません。トイレの基本的性能として使った分だけ給水します。給水側に問題があるため止まらないケースと、便器の中に流す排水に異常があり流れ続ける場合があるのを区別しなければいけません。
便器の中に水が流れ込んでいきますが、まずは元栓や止水栓を閉めて確認してみます。この状況でも便器の中に流れるなら、供給側は止まっているため排水側の問題です。簡単に判別できる方法ですが、試してみて専門業者に依頼するかどうかを判断もできます。自分たちで修理できる範囲かどうかも、これで見えてくるからです。

■複雑なタンクレストイレからも水漏れする

最近では、トイレの構造もどんどんと複雑となり、簡単に修理ができなくなっています。ウォシュレットなども取り付けられており、水が漏れてもどこからかわからない状況もあります。何より問題なのは、ウォシュレットは電気を使った家電製品であるところです。電気と水漏れは非常に相性が悪い状態です。目に見えてわからない問題が出くる可能性もあります。
水が漏れて電気を使っている部分にかかれば、触った瞬間に感電します。大きな事故になるため、まずは電気を止めるところから始めなければいけません。同様にタンクレストイレも電気を使っている設備です。タンクがない代わりに、電気で水道管から送られる水をコントロールします。水漏れを起こしたとしても、原因を判別するのが難しく、開けてもわからないこともあるため、専門業者を依頼して修理しなければいけません。ウォシュレットと同様に電気を使うため、感電も注意する必要があります。リモコンまであるため、チェックするポイントも多くなりました。

■まとめ
トイレの水漏れは、どんな構造かを考えるところから始めなければいけません。簡単にわかる場合もありますが、使用する水量のバランスを取って取り付けられている部分もあり、簡単に直せないケースも出てきます。早めに修理しなければ、その分だけ水道代もかかりますし、流れ出した水で被害が出る場合もあるでしょう。修理が難しいと感じたときには、すぐに専門業者に連絡を取るのが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース